TOP

2012年3月に家族5人で沖縄に移住しました。
バラ色の移住計画をたてた訳ではなく、むしろ「苦労するのだろうな~」なんて考えが頭の中にあるのを無理やり押し込めての移住でした。

心配なことはもちろん盛り沢山です。
しかし、人生は1回しかありません!

特に東日本大震災後、沖縄で生活する心配より、何かあったときに本土で生活するリスクのほうが高いと思った私達家族は、友達も身よりも大きな財産もなく沖縄へ移住してきました。

子どもさえ健康で、沖縄の人たちが受け入れてくれさえすれば他の悪い事は我慢しよう。
と、あまり良いことばかりを考えずに移住してきましたが、綺麗な青い海、青い空の下で生活してみると、少しくらい嫌なことがあっても、ちっとも気になりません。

那覇方面に向かう朝の道路は本土の首都圏並みに渋滞しますが、通勤途中にエメラルドグリーンの綺麗な海が視界に入るだけで口元がにやけてしまいます。

一人も知り合いがいない寂しい生活を送ることを覚悟していましたが、思っていたよりもずっと良い出会いがあり自分の人生には全く縁が無いだろう。と思っていた、本を出版するという機会にも恵まれました。
それもこれも沖縄に移住するという決断をしなければ経験できませんでした。

もちろん、良いことばかりではありません。
気にしてみれば気になることも意外とあるとは思いますが、そんな小さいことに気を取られているなんて、とってもモッタイナイ!何といっても今や世界中から観光客が押し寄せてきている日本屈指の南国のリゾート地で暮らしているのです。

悪いことばかり考えすぎて暗くなるようなときも、心の扉を少ーし開ければ、まばゆい日差しと海からの風が、暗い気分もスッ飛ばしてくれるような感じがします。

せっかく生きているのだから少しでも明るく楽しく暮らしたほうが良いに決まっています。
沖縄で試行錯誤しながら、思っていたよりも楽しく生活している我が家の経験が、少しでもお役に立てればと思います。